Garage & Wallガレージ&ウォール

コンクリート表面を硬質化させる
浸透性保護・強化塗料

Garage & Wall イメージ

DIYでも使いやすいダストプルーフシリーズの4㎏缶サイズ。コンクリート特有の白い粉塵の発生を抑えるガレージ&ウォール。
小面積にも使いやすい容量で手軽に塗れます。
浸透性の塗料なので剥離する心配もなく、他のダストプルーフシリーズ同様に下地を強化します。
クリアタイプなのでコンクリートやモルタル表面の風合いはそのままに、水性で取り扱いも容易な機能性塗料です。

  • ガレージ&ウォール
    ガレージ&ウォール
  • ※パッケージ・デザインは予告なく変更する場合があります。

内容量

  • 4kg

塗布面積

  • 平滑面 25~35㎡、粗面 15~25㎡

性能

  • 表面強化
  • 防塵性
  • 低臭性
  • 耐摩耗
  • 耐荷重性
性能 容量:20kg 容量:4kg
☆☆☆☆☆ ダストプルーフ ハード  
☆☆☆☆   ガレージ&ウォール
☆☆☆ ダストプルーフ OA  
ダストプルーフ エコ  

用途例

  • ・カーポート、ガレージ、倉庫
  • ・アトリエ、ワークスペース
  • ・住宅外構、犬走り、基礎
  • ・コンクリート壁、ブロック壁
  • ・ベランダ、テラス

特長

  1. 1.コンクリート表面を硬質にし、摩耗や劣化を抑制します。
  2. 2.コンクリートやモルタル特有の白い粉塵の発生を防止します。
  3. 3.表面を緻密にし、汚れの浸み込みや付着を軽減します。
  4. 4.クリアタイプでコンクリートやモルタル表面の風合いはそのままです。
  5. 5.塗布して浸透させるだけの簡単施工です。
  6. 6.水性で取扱いは容易です。
  7. 7.ホルムアルデヒド放散のないシックハウス告示対象外品です。

※塗布後はわずかに湿った色調になります。

ギャラリー

原理

強化・防塵原理

  1. ガレージ&ウォール カルシウム成分と
    強化成分が結合
  2. 耐摩耗・防塵床の完成 硬質ケイ酸
    カルシウム層を生成

施工の流れ

  1. 01よく混ぜる
    ガレージ&ウォールを底からよく混ぜ、容器に移します。
  2. 02ガレージ&ウォール塗布
    コンクリート表面をきれいに清掃し、スプレーまたは噴霧器で塗布します。ローラーで均ーに塗り広げて下地によく浸透させてください。
  3. 03乾燥
    表面が乾燥すれば使用可能です。乾燥時間は気温や湿度で異なりますが通常2~6時間です。

注意事項

塗装下地について

  • 塗装下地の素材についてはこちらをご覧ください。
  • コンクリートかモルタル素地で、塗料やワックス等が塗布されていないこと。
  • 汚れ、油染み、CF・Pタイル剥離後の接着剤や糊跡がないもの。
  • コテ斑や補修跡、埋戻しや打継ぎは隠れません。
  • ひび割れや欠け穴は事前にセメント系材料で補修してください。

塗装場所について

  • 食品工場や厨房など酢や塩分等の排水に対する耐性は素地より上がりますがコンクリートの劣化を防止するものではありません。(劣化の進行度は排水の種類や濃度、流れる頻度により異なります)
  • 化学工場など薬品に対する耐性はコンクリート素地と同程度です。(硫酸や塩酸などが飛散するところは表面が浸食されます)
  • クリーンルームなどは要求される清浄度によりご検討ください。

その他

  • 塗布すると少し濡れ色になります。また塗り筋が多少残ることがあります。
  • 外部床は酸性雨により劣化しますので、4~5年に一度の再塗布をお勧めします。
  • お手入れは水洗いか、落ちにくい汚れには弱アルカリ洗剤をご使用ください。